むくみと乳酸菌

むくみの原因

むくみと乳酸菌

むくみにはさまざまな原因があります。病気によるむくみ、妊娠中によるむくみ、塩分摂り過ぎのためのむくみ、水分摂り過ぎのためのむくみ、その他現代人ならではの運動不足や睡眠不足、バランスの悪い食生活、冷え、そしてストレスなども大きくかかわっているのです。

 

病気や生活習慣によるむくみ

病気や生活習慣によるむくみの場合、心臓の働きが低下し、毛細血管の圧力が高まったことによって水分がにじみ出てむくんでしまいます。また立ち仕事などでむくんだ場合は、重力によって水が下に落ちていき足がむくみます。静脈には逆流防止のための弁が働いていますが、生活習慣に問題がある場合はその弁の働きが悪くなり、血液を送る働きが低下して起こりるのです。
そして呼吸や心拍、消化や吸収などの動きは、自律神経のコントロールによってリズミカルに動きます。しかしストレスによって自律神経が乱れ、これらの内臓の動きも乱れていくことで血流がリズミカルに流れなくなり、それによってむくみが起こることも。

 

むくみ解消と乳酸菌

むくみをなくしたい場合、当然病気が原因であれば、その病気を治療することが大切です。そして運動不足や毎日の生活、食生活などを見直すことも必要になります。またマッサージでむくみを解消する方法もありますが、いわゆる一時しのぎになってしまうので、根本的にむくみの改善を考えるなら、マッサージだけに頼ることは難しいでしょう。

 

血行を良くするためには、体の中からきれいにしていくことも大切です。あなたはすっきりした毎日を送っているでしょうか。お腹の中には自律神経をサポートするホルモンや睡眠をサポートするホルモン、感情のコントロールをサポートするホルモンなどがたくさん存在しています。
特に幸福ホルモンとも言われているセロトニンは、感情のコントロールや自律神経をサポートするホルモンです。またセロトニンの生成と同時に、睡眠ホルモンのメラトニンも作られています。そしてセロトニンの大半が、腸内で生成され存在しているのです。つまり腸内を良い状態にすることは、感情コントロールや自律神経の正常化、スムーズな睡眠などに大きくかかわっています。つまり腸内を整えることこそ、むくみの解消に大きくかかわっているのです。

 

妊娠中のむくみと乳酸菌

妊娠中はどうしても血行が悪くなり、下腹部の圧迫もあるため下半身がむくみやすくなります。しかし妊婦の場合、全身のむくみや血圧上昇などは注意しなければなりません。また妊娠中はホルモンの関係で、すっきりした毎日もなかなか難しくなります。妊娠中のむくみを避けるためにも、できるだけ毒素を逆流させないようにしたいもの。そのためにも腸内環境は大切です。

 

そこで妊婦は乳酸菌を毎日摂取したいところですが、漬け物などは塩分の摂り過ぎにも。またヨーグルトによるカロリーオーバーも注意しなければなりません。妊婦はカロリーと塩分の摂り過ぎは注意しなければ危険なこともあります。そこで妊娠中は妊娠に必要な栄養素と乳酸菌をしっかり摂れる、サプリなどを利用するのがよいのではないでしょうか。

乳酸菌サプリランキング