カゴメラブレとは

カゴメラブレのラブレ菌について

カゴメラブレにはネーミングのとおり、ラブレ菌が豊富に含まれている乳酸菌サプリです。ラブレ菌は京都のすぐき漬けから発見された植物性乳酸菌です。正式名をラクトバチルス・ブレビス・サプスピーシス・コアギュランスという長い名称のため、頭文字を取ったラブレ菌という名称で呼ばれています。

 

ラブレ菌は1993年に京都のルイ・パスツール医学研究センター所長の岸田博士によって発見された乳酸菌です。ラブレ菌は酸や塩分にも強い植物性乳酸菌なので、しっかり生のまま腸に届き腸内定着性も強い性質があります。そして植物性乳酸菌は日本人の歴史的な食生活から見ても、とても相性が良い乳酸菌だと言われているのです。

 

ラブレ菌の腸内環境改善効果

ラブレ菌は腸内で乳酸をつくり悪玉菌を増殖を抑え、ビフィズス菌や乳酸菌を増やす働きがあります。そして腸内で生き抜く力がとても強いのもこのラブレ菌の特徴です。そのため腸内環境改善力も高いと言われています。

 

ラブレ菌と免疫力向上効果

免疫力を高める効果もラブレ菌は大いに期待でき、体内でのインターフェロン生成の促進効果もあり、ナチュラルキラー細胞を活性化させます。そのためインフルエンザなどの予防効果も高く、免疫機能のバランスの崩れを改善することにより、花粉症やアトピーなどのアレルギー予防や改善も期待されているのです。

 

カゴメラブレのカプセル

カゴメラブレのカプセル1個には、ラブレ菌が100億個以上も含まれており1度にたくさんのラブレ菌を摂取することができます。そしてカプセル1個のカロリーはたった3キロかロリーしかないので、ダイエット目的にも安心して摂取できるのです。

 

動物性乳酸菌と植物性乳酸菌

動物性乳酸菌は乳製品の中でしか生きることができません。しかし植物性乳酸菌は漬け物や味噌、醤油の中でも生きることができます。しかしラブレ菌を食品から摂ろうとすると、漬け物や味噌を多く摂ることになり、塩分摂り過ぎということにもつながります。
そのためカゴメラブレは、そのような心配もなくラブレ菌を大量に摂ることができるのです。最近は洋食が中心になってきたことや乳酸菌ブームも手伝ってか、ヨーグルトを意識的に摂る人も多くなり、動物性乳酸菌の1日の摂取量はこの数年ずっと増えています。
その反面和食が減ったこともあり、植物性乳酸菌の1日の摂取量がどんどん減ってきているのです。日本人には欠かせない植物性乳酸菌をもっとしっかり摂るさまざまな健康、美容効果が期待できるのです。そのためにもカゴメラブレは日本人向きの乳酸菌サプリと言えるのではないでしょうか。

乳酸菌サプリランキング