プロバイオティクスとは?

プロバイオティクスとは?

プロバイオティクスはヨーグルトなどに入っている乳酸菌やビフィズス菌など、私たちの体に良い働きをしてくれる細菌のことを言います。最近はプロバイオティクスの研究がとても進んでいるため、ヨーグルトにも使われています。プロバイオティクスの強い優秀な乳酸菌発見のための研究は、多くのメーカーや研究所によって行われています。

 

プロバイオティクスに求められる条件

プロバイオティクスは体に良い細菌のことですが、それには求められる条件もあります。たとえば乳酸菌は人間にとって良い細菌ですが、一般の乳酸菌は胃酸や胆汁などによって分解されてしまいます。しかしプロバイオティクスでは胃酸などの酸にも強い優秀な細菌であることを求められています。

  • 腸内で増え、腸内フローラの改善や悪玉菌の増殖を抑えるサポートとして働くことが認められている細菌であること
  • 悪玉菌に対する抗菌物質の代謝、病原性の抑制サポートの働きがあること
  • 食品、医薬品に使用しても安全であること。また扱いやすい性質であり、価格も抑えられること

などが条件になっています。この条件にあった細菌を研究することで、今までの通説のようなデリケートな乳酸菌とは違う、強力な細菌が発見されているのです。

 

プレバイオティクスやバイオジェニックス

プロバイオティクスのほかにも、体のために良い細菌についての研究には、プレバイオティクスやバイオジェニックスなどの研究もあります。

プレバイオティクスとは

乳酸菌やビフィズス菌などの善玉菌の活性化のために働く物質のことを言います。
例えばオリゴ糖などは善玉菌のえさとなって、善玉菌の増殖の応援や間接的に悪玉菌の増殖を抑えるサポートをするものです。オリゴ糖のほかにも海草に含まれるアルギン酸やこんにゃく芋や山芋に含まれるグルコマンナン、果物に多く含まれるペクチン、野菜に多く含まれる食物繊維などがあります。

バイオジェニックスとは

プロバイオティクスが腸内で行う分解や発酵などを加熱処理で加工した、いわゆる死菌です。生きているプロバイオティクスは腸内フローラをサポートしますが、バイオジェニックスは生体機能に直に関わって免疫機能などの活性化をサポートします。
今までは死んだ細菌は特にメリットがないと思われていた時代があり、バイオジェニックスの研究は遅れていたと言われています。しかし今はプロバイオティクスとともに、バイオジェニックスのメリットを利用するための研究が進められているのです。

乳酸菌サプリランキング