ラブレ菌とは

ラブレ菌の正式名称はラクトバチルス・ブレビス・サブスピーシス・コアギュランスといい、京都の漬け物で知られている「すぐき漬け」から発見された乳酸菌です。植物性乳酸菌なので、ヨーグルトなどに含まれている動物性の乳酸菌とはタイプが違います。
特に植物性乳酸菌は優れていると言われていますが、漬け物や味噌などから摂取するには塩分摂り過ぎの問題から、なかなか思うように摂れません。そのためこの優秀な植物性乳酸菌であるラブレ菌は、さまざまなメーカーから出ている乳酸菌サプリに配合され摂取しやすいようにされています。

 

ラブレ菌の特徴

ラブレ菌の特徴

ラブレ菌は現在培養されている数少ない植物性乳酸菌ですが、酸素や塩分、酸、アルカリなど動物性乳酸菌にとっては大敵なものでもまったく問題ありません。そのため胃酸や胆汁などの影響も受けずに腸まで生きたまま届けることができます
そして腸内でも、とても定着しやすい性質の乳酸菌とも言われているのです。日本人は米が主食であり、大豆食品を多く摂取してきた歴史があるため、植物性乳酸菌がわたしたちの体と相性が良く、腸内の定着率がとても高いと言われており、日本人にあった乳酸菌と言えそうです。

 

ラブレ菌の効果について

ラブレ菌は腸内に確実に届く割合が高く、腸内定着率も高いため、しっかり悪玉菌の増殖を抑える働きが期待されます。また乳酸菌は代謝物として乳酸を吐き出しますが、特にラブレ菌の代謝物は腸のぜん動運動を活発にする作用があるため、便秘改善効果も高いと期待されているのです。
また体内ではインターフェロンという免疫物質の生成をサポートする効果があり、腫瘍細胞、ガン細胞などを叩き潰すT細胞、NK細胞、マクロファージなどの免疫細胞を強化します。そのため免疫力を高める作用もとても高く、ガンや腫瘍、そしてインフルエンザなどの予防も期待されています。

 

臨床試験による結果

臨床試験においてもラブレ菌の効果は証明されています。例えば2010年には過敏性腸症候群の改善が、カゴメと近畿大学医学部境病院との共同研究において証明されました。他にも2011年にはカゴメと松生クリニックによって、ラブレ菌の慢性便秘患者の下痢症状低減や、不安症の改善の臨床試験による証明も行っています。
不安症の改善などは、セロトニンが十分に分泌されるようになったことを証明しています。セロトニンのほとんどが腸内において作られることから、腸内環境の改善もおおいに期待されているのです。

乳酸菌サプリランキング