下痢になると腸内環境はどうなるの?

腸が下痢を起こす原因

腸は免疫システムがある部分でもあり、免疫システムによって腸自身で下痢を起こします。特に下痢をしたときには悪いものを食べたと思われがちですが、それだけではないようです。
例えば腸の手術などをした人は、腸がまだ完全に完治していない間、腸に負担がかからないように軟便が数回に分けて排便されるようになることも多いとのこと。また痔がひどいときにも免疫システムはそのことを察知して、肛門に負担のないように軟便にするとも言われています。
このように思ったより腸は利口なのです。そのため体に悪影響のある細菌やウイルスなどを摂取すると、それを排除するための下痢もあります。また特に悪いものを食べていなくても、腸内の状態が悪化してしまうと、自身で下痢を起こして洗い流す洗腸作用も発動するのです。

自己免疫による洗腸作用について

自己免疫力によって洗腸作用によって下痢をすることは、とても素晴らしい免疫の働きですが、それだけではせっかくの免疫作用の意味がありません。つまり洗腸作用が発動されるほど腸内は悪化しているというサインでもあるのです。そのためこのサインを受け止めて、腸内の環境を良くするために食生活をしっかり考えることが重要になります。

 

下痢と乳酸菌

下痢と乳酸菌

まず下痢は腸の免疫作用の一つだということ。そしてどのような理由であっても下痢をしたら、やはり腸内環境を意識しなければならないということであり、そのためには乳酸菌をしっかり摂ることで、腸内の状態を立て直すお手伝いをしてくれます。

 

乳酸菌は善玉菌の増殖をサポートするため環境を整え、餌にもなって応援してくれます。そのため乳酸菌を意識して摂取することが大切です。例えば食品からだけでなく、乳酸菌サプリなどをプラスすることもおすすめです。下痢をしないように腸内を良い状態に保持することも必要ですが、もし下痢をしたときには頑張ってくれた腸のケアのためにも、乳酸菌をプラスすることを忘れないようにしましょう。

乳酸菌サプリランキング