乳酸菌と不眠症について

不眠症について

 

現在、不眠症や不眠症の予備軍が、とても増えていると言われています。不眠症はいろいろな原因がありますが、それらが絡み合って自律神経が乱れることになるのです。自律神経には交感神経と副交感神経があり、夜になると副交感神経がスムーズに優位になることで、睡眠ホルモンが分泌されて眠くなります。

 

しかし起きているときにストレスが高まってしまうと、交感神経が優位になったまま、睡眠ホルモンであるメラトニンの分泌されなくなるのです。そのため眠れなかったり、寝くても深い睡眠ができなかたり、早く起きてしまうなどのトラブルが起こることになります。

不眠の原因

不眠症と乳酸菌

つまり不眠の原因には、ストレスの影響がとても大きいと言われています。そして現代ならではの問題としてブルーライトによる影響も、不眠症が増えている原因となっているのです。ブルーライトとはパソコンやスマホなどの画面のライト、LED電球などから発せられるライトです。
特にパソコンやスマホは、近くからブルーライトの影響を与えてしまいます。ブルーライトの波長が朝日の波長と同じということもあり、自律神経は朝日を不自然に感じてしまうため、副交感神経とうまくチェンジできずメラトニンの分泌も行われないのです。

 

乳酸菌とメラトニンの関係

メラトニンの多くは、腸内で作られています。感情に関わる幸福ホルモンとも言われているセロトニンの前駆体の半分以上が腸内にあり、多くのセロトニンは腸の中で作られます。そして睡眠ホルモンであるメラトニンは、セロトニンが作られるときに同時に作られるホルモンであり、セロトニンとメラトニンの分泌は連動しているのです。

 

そのためセロトニン不足の鬱状態になると、睡眠障害も起こります。このように腸の中で作られるセロトニンと、それに連動して作られるメラトニンは、腸内の環境によって影響を大いに受けるのです。腸内環境こそ、メラトニンの分泌に必要なことだということがわかります。

 

そして腸内環境を良い状態に保つためにも、乳酸菌のサポートはとても大切なことだと言えるのです。当然ストレス解消法を探したりブルーライト対策なども重要ですが、それと同時に基本的に睡眠ホルモン不足にならにようにするために、腸内環境を良い状態に保つことを考えましょう。そのために乳酸菌をしっかり意識して摂取するようにしたいものです。

乳酸菌サプリランキング