乳酸と乳酸菌の違い

乳酸と乳酸菌の関係や違いはどのようなものなのでしょう。まず乳酸について考えてみると、その関係も見えてくるのではないでしょうか。

 

乳酸について

 

乳酸というと乳酸菌やビフィズス菌などが、糖を分解して代謝によってつくる物質の1つです。しかし激しい運動をした後に溜まると言われている乳酸もあります。この2つの乳酸について別々に考えていくと、乳酸菌との関係も見えてくるはずです。

乳酸菌と乳酸の関係から見る違い

乳酸と乳酸菌の違い

乳酸菌などの善玉菌が糖分を分解して代謝によって作り出される物質が乳酸です。乳酸菌とは乳酸を代謝する、体に良い影響を与える細菌の総称と言われています。乳酸菌だけでなくビフィズス菌も乳酸と酢酸などを代謝するので、広い意味ではすべて乳酸菌ということになります。(生物学的には別のものです)
これらの代謝物としての乳酸は、酸を嫌う悪玉菌の増殖を抑制する働きがあります。腸の中で生きている乳酸菌は、乳酸を産生することで悪玉菌を抑え、善玉菌優位の状態を保つサポートをします。また胃酸などで分解されてしまった乳酸菌は、腸の中では善玉菌の餌となって悪玉菌を減らすサポートをすることに。そして腸の中でバイエル板という免疫組織を刺激して、免疫細胞の活性化のお手伝いもしていきます。

 

このことから乳酸は乳酸菌などの善玉菌の代謝物であり、乳酸菌は乳酸の産生によって悪玉菌の増殖抑制や、守る力を高めるサポートとしての作用するのです。それによって腸の中が健全な状態になると、腸の働きなども正常になり毎日すっきり過ごせるのではないでしょうか。

 

運動の後に溜まる乳酸と乳酸菌の関係

運動の後に溜まってしまう乳酸は、力を使ったときにコラーゲンやブドウ糖などが分解されますが、そのときの老廃物として溜まり、代謝異常を起こして疲れや筋肉痛の原因となります。しかし今までは疲労物質として扱われていた乳酸ですが、成長ホルモンの分泌を促す働きもあるということが分かり、体によい働きがあると言われるようになったのです。

 

このように運動などによって溜まる乳酸と、乳酸菌などの代謝物である乳酸とは、働きもまったく違う別物質なのです。しかし善玉菌の代謝物質の乳酸だけではく、運動後に溜まる乳酸も体に良い影響を与える物質ということでは共通点もあるようです。

乳酸菌サプリランキング