乳酸菌とおならの臭い

おならの悪臭について

おならの臭い

おならの臭いや便の臭いが強い理由を考えてみましょう。これは腸内の状態が良くないことを示しています。逆に言えば、おならの臭いは腸内環境の注意信号とも言えるのではないでしょうか。おならが悪臭だと感じたら、毒ガスが発生しやすい状態になっているのです。

 

腸内環境を整えるお手伝いのためには乳酸菌の働きは重要であり、それによっておならの悪臭を減らしていくことができます。そして腸内を整えるためには、脂肪分が少なく食物繊維などが多い食事を続けていることで、おならの臭いは消えたと感じるまでになるのです。

 

おならの正体

おならの正体は腸内ガスであり、一日10回から20回程度は一般的には元気な状態とのこと。しかしおならの回数が多く悪臭がある場合は、腸内が異常な状態にあると言えそうです。ガスの発生が多くなると、次々とおならを押し出していきます。

 

それでも出ているうちはまだいい方で、おならが出ずにお腹の中にたまってしまうと胃まで腫れ上がり吐き気や胃痛、腹痛まで起こることに。特に排出物がたまってしまっている人に多い症状です。この状況は腸の中でガスが発生しているわけですが、悪臭があるということはアンモニアなどの成分の強い有毒ガスと考えられます。

 

そのため腸の中には有毒ガスを発生する食べ物が詰まっており、悪玉菌がそれらを餌として腸の中で幅を利かせているのです。つまり善玉菌は小さくなって、幅を利かせている悪玉菌にどんどん増殖を抑えられてしまっていると考えられます。

 

そこで善玉菌を応援して、悪玉菌の増殖を抑えるためには善玉菌を強める突破口が必要です。そのまま放っておけば、いつまでも腸の状態は悪玉菌が優位になったまま。そこで乳酸菌をしっかり摂ることで、弱った善玉菌の応援団として力を発揮してくれるでしょう。乳酸菌は食品からも摂取でき、サプリなどでしっかり摂取することもおすすめです。

乳酸菌サプリランキング