乳酸菌とは

乳酸菌

乳酸菌はオリゴ糖などを餌にして、乳酸などの酸を排出する細菌の総称を言います。ビフィズス菌やアシドフィルス菌、フェカーリス菌、ラブレ菌などいろいろな善玉菌のことを乳酸菌と言うわけです。そしてこれらの乳酸菌の働きをプロバイオティクスという言い方をしているのです。

効果としては腸内環境を改善することによって便秘の解消が期待されるのです。そのほか美肌、免疫向上、そしてピロリ菌の減少、プリン体分解など期待されているタイプ乳酸菌もあります。他にも精神的なさまざまなトラブルまで、腸内環境を良くすることで好転する可能性もあると言われているのです。

 

腸内にいる細菌について

腸内には約100種類の100兆を超える細菌が住みついていると言われています。そこには乳酸菌などの善玉菌と悪玉菌が、腸内で同居しているということになるわけです。善玉菌はオリゴ糖などを餌としますが、悪玉菌はタンパク質などを餌として、鉄分を摂取しながら毒素を出すというものです。
善玉菌と悪玉菌の他に腸内細菌の7割が、日和見菌という細菌が存在しています。日和見菌は悪玉菌と善玉菌の優位になった方と同化するという性質があります。そのため3割の腸内細菌の中で、善玉菌と悪玉菌のどちらが優位になるかによって腸内環境はガラッと変ってしまうのです。そういう意味でも腸内環境良い状態に保つのは大変なのです。

 

乳酸菌の摂取法

動物性の乳酸菌は乳製品の中でなければ生きていません。そこでヨーグルトに多く含まれているのは皆さんもご存じのとおりです。他にもチーズやバター、乳酸飲料などにも含まれていますが、やはりヨーグルトが一番多く含まれています。
しかしヨーグルトを食べても胃酸などによって、乳酸菌は元気の良い状態で腸内まではなかなか届かないと言われています。そこでヨーグルトメーカーでは、胃酸にも比較的強い乳酸菌などを研究してヨーグルトに使用しています。

 

また植物性の乳酸菌は植物の発酵食品にたくさん含まれているので、例えば漬け物や醤油、味噌などからも摂取できます。植物性の乳酸菌はとても強いタイプなので、そのまま胃酸にも負けずに腸内まで届く率が高いと言われているのです。
しかし漬け物なども、塩分などのことを考えるとたくさん食べることはできません。もちろんヨーグルトでも、そんなにたくさん摂取することは難しいのではないでしょうか。しかし乳酸菌サプリなら1日にヨーグルト50杯分など、食品からは撮れないような乳酸菌を簡単に摂ることができます

 

乳酸菌サプリランキング