乳酸菌とオリゴ糖の関係

簡単に言うと、オリゴ糖は乳酸菌やビフィズス菌の餌とも言われています。乳酸菌だけでなく善玉菌の餌となり、善玉菌はオリゴ糖を食べることで悪玉菌である有害細菌やバクテリアの増殖を抑え、減らしていくことができます。つまりオリゴ糖は関節的に腸内環境を整える働きがあるのです。

 

オリゴ糖はどうやって摂れるのか

オリゴ糖

オリゴ糖はいろいろな食べ物にも含まれています。例えば納豆、ネギ、アスパラガス、玉ねぎ、ゴボウ、バナナなどに多く含まれており、普通に栄養の偏りのない食事をしていれば、特にオリゴ糖は毎日の食事から摂れるのです。

しかし最近の食生活の乱れから、野菜の摂取がとても減っているため、必要なだけのオリゴ糖が摂れないこともあります。乳酸菌をいくら摂取しても胃酸や胆汁で多くは分解されてしまいます。それでも腸内まで到達した強力な乳酸菌は、腸内環境を高めるため乳酸を出して悪玉菌を減少させるわけです。乳酸菌が乳酸を出すためにはオリゴ糖が必要になります。
そこでオリゴ糖もしっかり摂取することが必要となります。最近では乳酸菌サプリなどにも、オリゴ糖がセットで配合されているものもあります。また粉や液体タイプのオリゴ糖も出まわっているため、食事から摂る自信がない場合は別のかたちで摂取しましょう。

 

オリゴ糖を選ぶ基準

ここでオリゴ糖の選び方も大切です。オリゴ糖はピンからキリまで出まわっているため、オリゴ糖を選ぶときに注意しておくこともあります。
まずオリゴ糖配合率が高いものを選びます。また胃で消化されやすい消化性オリゴ糖と、大腸までしっかり届く難消化性オリゴ糖があります。大腸まで届くことで腸内の乳酸菌の餌としてしっかり活躍することができるため、腸内環境改善を目的とする場合は難消化性のオリゴ糖を選ぶようにしましょう。

 

難消化性オリゴ糖について

難消化性オリゴ糖の代表的なものとして、ラクトオリゴ糖やガラクトオリゴ糖、ラフィノースなどがあります。ラクトオリゴ糖はヤーコン、アスパラガス、ニンニク、ゴボウ、玉ねぎなどの野菜やハチミツに含まれているオリゴ糖です。
またガラクトオリゴ糖は母乳や牛乳に含まれている動物性のオリゴ糖です。オリゴ糖として配合されているのは乳糖に酸素反応を起こしたものが使われおり、赤ちゃんの粉ミルクなどにも使われています。またラフィノースは甘さがとても弱いと言われていますが、熱にも酸にも強く吸湿性がないので扱いやすいオリゴ糖です。
そしてオリゴ糖のほとんどは酸素反応などによる化学的に加工したものですが、ラフィノースはほとんど天然抽出ができるので質の高いオリゴ糖とも言えます。しかし価格も高く高級なオリゴ糖なので、一般のものにはあまり含まれません。

 

乳酸菌と同時摂取をしよう

このようにいろいろなオリゴ糖の中から、質の良いものを選び乳酸菌食品やサプリとともに摂取しましょう。オリゴ糖の同時摂取は、乳酸菌にお弁当を持たせて腸内に送り出しているようなものなのです。

乳酸菌サプリランキング