乳酸菌とカンジダ菌

カンジダ症について

乳酸菌とガンジダ菌

カンジダ症はカンジダ菌によって起こる症状です。カンジダ菌は真菌の一種で、感染する疾患です。カンジダ菌は、もともとわたしたちの腸や膣の中に住んでいる細菌であり、特別強い菌というわけでもありません。しかし免疫力が低下したときに、カンジダ菌を押さえる良い菌が減り、異常に増殖してしまうことでカンジダ症が起こるのです。
症状は外因部や膣の痒みや痛みなどがあり、白く濁ったおりものが出る膣炎を起こすことに。また口の中、皮膚、爪、気管支、肺などにも影響を与えることもあります。男性も同じように腸内などにカンジダ菌を持っていますが、免疫力が低下しても出ないことが多いと言われていますが、亀頭部に痒みや赤みなどが出ることも。

 

カンジダ症の原因

女性の場合、乳酸の多い膣内ではデーデルライン桿菌がカンジダ菌から守っています。しかし抗生物質の服用や食生活の問題などによって、このデーデルライン桿菌が消滅してしまうとカンジダ菌が増殖してトラブルの原因になります。いつも腸内環境を意識した生活をしていると、このようなことにならずに済むのではないでしょうか。また発症したときには直接、乳酸菌デーデルライン桿菌を摂取することもおすすめです。

 

発症すると

カンジダ症は一度発症すると、何回も再発しやすいと言われています。例えば風邪や妊娠など免疫が低下したときに出やすいとのこと。そこで免疫を低下させないように意識をすることが大切なのです。しかしこの疾患のおかげで免疫低下をいつも意識できるようになり、他のもっと重大な疾患の予防にもなるという大きなメリットとも考えられるのではないでしょうか。

 

免疫力は癌細胞などもしっかりたたきつぶしてくれます。免疫力が低下したときには、癌細胞となった細胞を排除することができずに癌細胞がどんどん広がってしまい、癌の発症につながることも。このようなことからカンジダ症に限らず、毎日の元気のためにも免疫力を高めることはとても大切であり、乳酸菌をしっかり摂取し腸内環境を良い状態に保つことは絶対に欠かせないことなのです。

乳酸菌サプリランキング