乳酸菌とビフィズス菌の違いの関係

乳酸菌はオリゴ糖などを餌にして乳酸を代謝する細菌の総称と言うのが定義なので、広域の意味では乳酸菌の中の1つにビフィズス菌があると言えます。もちろん実際には違いがたくさんあり同じものではありません。その理由をご説明していきたいと思います。

ビフィズス菌とは

ではビフィズス菌とはどういうものなでしょう。現在32種類に分類されており、わたしたちの体内で確認されているのが約10種類。オリゴ糖などを餌にして乳酸などを作り出す細菌で、ビフィドバクテリウムという菌属名があります。
わたしたちの腸内の善玉菌の99.9%がこのビフィズス菌であり、他の乳酸菌の100倍〜1万倍の1兆〜10兆個腸内に存在していると言われているのです。(個人差があるので、範囲はこのように広いものとなっています)

乳酸菌とビフィズス菌の違い

乳酸菌とビフィズス菌の違い

乳酸菌とビフィズス菌の違いの一つに生息条件があります。ビフィズス菌の生息するところは人や動物の腸内で、酸素があると生きられないという性質があります。しかし乳酸菌の中には植物性乳酸菌のように、空気があっても植物が発酵しているところなら、どこでも存在することができるものもあります。

そして乳酸菌は乳酸を作り出しますが、ビフィズス菌の場合は乳酸の他に強い殺菌力を持つ酢酸やビタミンB群(葉酸も含む)などを作り出しますビフィズス菌はもともと私たちの腸の中にいる菌ですが、乳酸菌はもちろん人や動物の腸内にもいますが、他の場所からも摂れるものもあるのです。

 

また菌の形状もビフィズス菌は棒状のものや、分岐した棒状のものとなりますが、乳酸菌は球状と棒状のものがあります。そしてヨーグルトで見てみるとビフィズス菌以外の乳酸菌のみのものより、ビフィズス菌をプラスした方が排便の回数は1.5倍多くなることも臨床試験において報告されています。しかし最近は球状菌の乳酸菌の加熱加工した乳酸菌が免疫細胞を刺激し、免疫効果を高めることが認められています。どちらも腸内の環境を良くしてくれる善玉菌であることには変りません。

 

これらのことから広域の意味ではビフィズス菌も乳酸菌の1つです。しかし乳酸菌の中の他の細菌とビフィズス菌は、まったく違うということになります。腸内の善玉菌の総称として乳酸菌という言い方をする場合は多く、特にビフィズス菌のみの話題のときには、ビフィズス菌という言い方をします

乳酸菌サプリランキング

乳酸菌とビフィズス菌|家族の乳酸菌サプリ|私の症状にあう乳酸菌はコレだった!記事一覧

ビフィズス菌を積極的摂りたい人についてまとめてみました。ビフィズス菌と乳酸菌の違いや働きなども考えてみましょう。ビフィズス菌と乳酸菌糖を分解して乳酸を代謝する、体に良い働きをする細菌の総称を乳酸菌と言います。そういう意味ではビフィズス菌も乳酸菌の仲間ということになりますが、生物学的には違う物という位置付けになります。ビフィズス菌も乳酸菌と同じく糖を分解して乳酸を代謝しますが、他にも酢酸などを代謝し...

妊娠中はどうしても、すっきりした朝が迎えられないことも多くなります。だからといって便秘薬を飲むことも不安です。そこで安心してスムーズにすっきりするためにも、ビフィズス菌を摂取することが考えられます。妊娠中の便秘の原因妊娠中は便秘が起こりやすいと言われています。当然妊娠後期になれば赤ちゃんが大きくなり、お腹の中で多くの割合を占めることに。それによって腸が圧迫され血流が悪くなるため、腸のぜん動運動が低...