乳酸菌と納豆菌について

納豆菌とは

乳酸菌と納豆菌

発酵菌の仲間として酵母菌、乳酸菌、納豆菌などは、多くの人が耳にしたことがあるのではないでしょうか。この中の納豆菌は枯れ草菌の1つですが、いちがいに枯れ草菌といっても性質はいろいろあります。納豆を作るための菌はバランスの良いものでなければなりません。100度で加工すると多くの菌は死滅しますが納豆菌は死滅せず、死滅させるには120度が必要となります。

 

納豆菌は100度では死滅しないばかりか、マイナス100度でも生き続けられるのです。そして納豆菌は胞子があり、適度な温度と水分そして栄養があればナットウキナーゼという成分を代謝します。納豆を作る場合は、大豆にこのナットウキナーゼが大きく作用して納豆を作るのです。

納豆菌と乳酸菌との関係

納豆菌も乳酸菌も同じ発酵菌の仲間と言えます。そして最近では乳酸菌と納豆菌を一緒に摂ることで、乳酸菌の働きを10倍にもするという結果も出ているのです。そのため納豆と漬け物を食べる日本人は理想的な食べ方なのではないでしょうか。またキムチ納豆健康法などが注目されているのも、こんな理由があったのです。納豆菌と乳酸菌の関係は、黄金の組み合わせと言えるのではないでしょうか。

 

納豆菌が産生するナットウキナーゼについて

納豆菌が産生する、タンパク質分解酵素であるナットウキナーゼの働きが最近注目されています。他にもアミラーゼやプロテアーゼなども産生します。(アミラーゼは膵液や唾液に含まれ、消化酵素として糖質吸収を促し、プロテアーゼはタンパク質分解酵素の総称として使われています)

 

ナットウキナーゼは現代に生きる人にはとても合った酵素と言われています。血液さらさらを意識している人にはおすすめの酵素です。血栓ができてしまうと、そこから命にかかわる疾患にもつながります。そのようなことにならないためにも、血液さらさらは重要なことなのです。このような働きがあることから、体型を気にしている人やポッコリお腹の人にも人気となっています。

乳酸菌サプリランキング