乳酸菌とりすぎは大丈夫?

乳酸菌の1日の摂取量

乳酸菌を1日にどのぐらい摂取したらいいのでしょう。ヨーグルトやチーズ、漬け物などから摂る乳酸菌は具体的に必要摂取量という決りはありません。ただし、乳酸菌を有効に利用したいと思う場合は、多く摂るべきです。理想の数としては乳酸菌の死菌は1日1兆個以上が必要という報告がされています。
ヨーグルトなら1日250mg程度で、乳酸菌20億個から30億個が摂取できると言われています。そして推奨されているのはヨーグルトを1日200mg程度の摂取となっています。つまり最低でもそのぐらい摂取すると、健康に良いですよということなのです。
しかし腸内環境の状態によっては、もっと摂取した方が良い場合も十分考えられます。そして乳酸菌は1週間程度で死滅していくため、毎日新しい乳酸菌が必要となります。そのため乳酸菌摂取は毎日続けることが重要なのです。
またその人の腸内フローラにあった乳酸菌でなければ、そのまま吸収されずに排出されてしまいます。そういう意味では2週間程度1つのヨーグルトなどを続けて摂取し、自分に合っているか体で感じてみながら自分にあった乳酸菌を探すこともおすすめです。サプリであれば最低でも1カ月飲み続け、体感してみるといいのではないでしょうか。

 

摂りすぎによる問題

乳酸菌の摂りすぎ

乳酸菌を摂りすぎるとどうなるのでしょう。特に副作用はないと言われていますが、胃の弱い人は腸のぜん動運動が活発になり、下痢や腹痛を起こすこともあります。そんなときにはちょっと摂取量を減らしてみましょう。また乳酸飲料やヨーグルトなどからの摂取する場合は、乳酸菌の摂りすぎの問題より糖分の摂り過ぎに注意が必要です。
またチーズから摂るなら摂り過ぎより、脂肪の摂り過ぎが気になります。漬け物からも良質な植物性乳酸菌が摂れますが、漬け物の摂り過ぎは塩分に注意が必要になります。このように他の成分の摂り過ぎの方が、より問題ではないでしょうか。そのため乳酸菌をピンポイントで摂取できる乳酸菌サプリは、とても合理的な乳酸菌の摂り方とも言えそうです。

 

乳酸菌サプリによる摂り過ぎ

乳酸菌サプリでは、例えばヨーグルト50個分の乳酸菌が含まれているものなどもあります。しかし乳酸菌は自分に合ったもの以外は排出されてしまうので、たくさん摂っても自分に合うものはずっと減ってしまいます。そういう意味からも乳酸菌の摂取は、できるだけ多い方がいいと言えるのではないでしょうか。多すぎて必要のないものは、合わない乳酸菌とともに排出されていきます。

乳酸菌サプリランキング

乳酸菌のとりすぎ|家族の乳酸菌サプリ|私の症状にあう乳酸菌はコレだった!記事一覧

乳酸菌の摂り過ぎに対する不安を持っている人もいるかも知れません。特にお腹に自信のない人は、食べ過ぎなどにとても敏感です。乳酸菌の摂り過ぎに対するデメリットなどは、どのようなことがあるのでしょう?乳酸菌の摂り過ぎによるデメリットとは?乳酸菌は食品やサプリメントから摂取しますが、摂り過ぎによるデメリットはあるのか気になるところです。まず結論から言ってしまうと、デメリットは特にありません。ただし、どんな...