乳酸菌の寿命ってあるの?

腸の中に乳酸菌を生きたまま入れることは、なかなか難しいと言われています。まず胃酸や胆汁によって分解されてしまうからです。しかし酸に弱い動物性乳酸菌であっても酸に強い優秀なものが、さまざまなメーカーや研究所の研究によって発見されています。それによって腸まで生きたまま届く乳酸菌も増えてきているのが現状です。また腸溶のカプセルなどを利用したサプリなども、腸まで生きたまま乳酸菌を届けることができます。

乳酸菌の寿命

 

しかし実際に腸の中に乳酸菌が入り込んでも、約3日間がピークで1週間程度で寿命が来てしまうと言われています。寿命がくるまでは、お腹の中の善玉菌の餌となって善玉菌の働きをサポートしたり、お腹に住み着いているビフィズス菌が増殖しやすい環境を作るサポートをします。

 

なぜ寿命があるのか

腸の中に取り入れた乳酸菌が住み着くことは、例外以外はほとんど難しいと言われています。そしてそこには免疫システムが関係していると言われているのです。免疫システムは体に害のある侵入細菌をチェックしています。実際に乳酸菌は体に良い働きをするものですが、腸の中にずっと居着くことは、免疫システムが許しません。もし体に良いものを何でも定住させてしまうと、腸の中の細菌のバランスが崩れてしまうからです。
免疫システムが構築されたときから住み着いていた細菌は定住を許されているのです。そして人それぞれ、腸内フローラも違ってきます。もちろん自分の腸内フローラの中でも、状態が悪くなったときと良い状態のときでは、まったく違った様相になっています。

 

乳酸菌の寿命はどのぐらい?

乳酸菌の寿命は腸内の条件によっても違いますが、約3日〜1週間と言われています。また乳酸菌の強さや加工などによって、もう少し長いこともあります。しかしこのぐらいで消滅していくわけです。

 

腸内にもともといる細菌は増殖をするので、寿命がきても数的には増えていくことができます。しかし口から摂取した乳酸菌の場合は、もちろん寿命がくるまでは増殖もしますが、主な働きは善玉菌の増殖をする環境を作るため、悪玉菌の増殖を抑えるサポートや善玉菌の餌になって応援するわけです。

 

寿命があるということは

乳酸菌は数日の寿命なので、毎日摂取することで途切れることなく腸内に乳酸菌を補充することができるのです。そして善玉菌が優位を保てるように、サポートする役割があります。それぞれの腸内フローラを良い状態にするためにも、乳酸菌を毎日摂取することで善玉菌増殖のサポートとなり、悪玉菌の減少にもつながります。つまり毎日乳酸菌を腸の中に補充することで腸内フローラも、それぞれ特徴のある良い状態になっていくことにつながるのではないでしょうか。乳酸菌の寿命があるということは、毎日続けて摂取することが大切だということなのです。

 

乳酸菌の摂取について

乳酸菌をできるだけ毎日しっかり摂る努力をするためには、漬け物などの発酵食品や乳発酵製品であるヨーグルトなどを意識的に摂ることです。しかしここにも落とし穴があります。ヨーグルトはおいしい味つきのものなら糖分の摂りすぎになり、他にもカロリーの摂り過ぎに注意が必要です。また漬け物などは、塩分の摂り過ぎに注意が必要になります。

 

そこでしっかり乳酸菌を摂取したいなら、乳酸菌サプリなどを摂取することもおすすめです。特にこれらの注意をしなくても、簡単に必要な乳酸菌がしっかり摂れるというメリットがあります。ただし目安量を守ることは重要です。乳酸菌の過剰摂取は特に問題はありませんが、それでも便が緩くなったりすることもあり、必要以上は排出されてしまうので注意しましょう。

 

また人それぞれの腸内フローラがあるため、その人によって相性の良い乳酸菌というものがあります。相性があまり良くなければ排出されるだけですが、やはり相性が良い乳酸菌を探すことは大切です。例えばヨーグルトでもいろいろな種類があるので、1つのメーカーのヨーグルトで乳酸菌を感じることができなければ1カ月程度続けてから替えてみるのも良いかも知れません。

 

そうやって自分に合う乳酸菌を探してみましょう。乳酸菌サプリでも同じようなことが言えますが、最近の乳酸菌サプリはさまざまな乳酸菌が含まれているものが多く、多くの人に合う確立が高くなるように作られています。

 

乳酸菌サプリランキング