乳酸菌の摂り方

乳酸菌と一緒に摂るといいもの

乳酸菌は長生きしても腸内で1週間程度と言われています。そしてさまざまなことによって乳酸菌は減っていきます。そのために毎日乳酸菌の摂取をしたいものです。そこで乳酸菌を少しでも強く、長生きできるようにしたいわけです。例えば乳酸菌の餌とも言われているオリゴ糖と一緒に摂取するのもおすすめです。餌も一緒に摂取すれば、乳酸菌は腸内でもしっかり長生きして元気に働いてくれるはずです。

 

もう1つ、ラクトフェリンも同時摂取がおすすめです。ラクトフェリンは母乳に多く含まれる成分で、鉄分と結合しやすい性質があります。そのため悪玉菌には不可欠な鉄分が減ってしまうので、元気がなくなっていきます。その状態になれば、善玉菌はどんどん活発に活動し乳酸をどんどん吐き出してくれます。それによって悪玉菌は消滅していくというわけです。つまりラクトフェリンは悪玉菌を弱らせることで、善玉菌の援護射撃をするわけです。また食物繊維も腸内環境を整える効果が高く、これらを一緒に摂取することで高い相乗効果が生まれます。

 

乳酸菌の摂取タイミング

乳酸菌でも特に動物性の乳酸菌は熱や胃酸に弱いので、ヨーグルトに入っている乳酸菌はさまざまなメーカーの研究室で選び抜かれた優秀な乳酸菌を使っています。そのため、胃酸にも強い乳酸菌が使われていますが、それでもやはり胃酸が強いと負けてしまいます。一番良い摂取タイミングは食後の胃酸が薄まっているときの摂取です。空腹の時に摂取すると、強い乳酸菌であっても胃酸に負けてしまいやすいのです。

 

植物性乳酸菌について

植物性乳酸菌はとにかく動物性乳酸菌に比べてとても環境に強く、胃酸にも熱にも強いと言われています。みそ汁にしても、また漬け物などでも腸まで届きやすいのです。しかし漬け物をたくさん食べれば塩分摂り過ぎで大変なことになってしまいます。つまり環境に強い乳酸菌でも、たっぷり摂取するのは難しいということになります。

 

乳酸菌サプリの飲み方

乳酸菌の飲み方

たっぷり乳酸菌を摂取して効果を感じたい人は、やはりサプリがおすすめということになります。例えばカプセル2錠でヨーグルト50個分の乳酸菌だって取れてしまうのです。そして乳酸菌サプリは、腸まで溶けない特殊技術のカプセルや糖衣錠などで作られています。

また加熱してより強くなる乳酸菌は加熱処理してあるので、まったく摂取タイミングなどは関係ありません。つまり最初から死菌となっているからです。このように乳酸菌サプリによっては、あまり場所やタイミングを選ばないので、いつでも飲めると言えるのです。ただし、できるだけ胃酸の弱い食後に飲むということを基本として覚えておきましょう。

乳酸菌サプリランキング

乳酸菌の摂り方|家族の乳酸菌サプリ|私の症状にあう乳酸菌はコレだった!記事一覧

乳酸菌を摂取する場合、ベストなタイミングや時間帯はあるのでしょうか。乳酸菌摂取を考えている人、現在摂取している人も知っておくと便利です。乳酸菌を摂取するタイミング基本的には乳酸菌食品も乳酸菌サプリも食品なので、特に摂取するタイミングや摂ってはいけないタイミングというものはありません。忘れないように毎日続けることが一番大切なことではないでしょうか。その上で、さまざまな面から考えたベストタイミングを考...

乳酸菌サプリや乳酸菌食品を摂取するタイミングとして、飲酒とどのような関係があるのでしょう。飲酒中には乳酸菌は摂らない方がいいのでしょうか。お酒と乳酸菌の関係をまとめてみました。乳酸菌とお酒を同時に飲む乳酸菌の摂取のタイミングとしてお酒を飲んでいるときには、一部の乳酸菌はお酒の殺菌力によって分解してしまう恐れがあります。しかし胃腸の中ではアルコールも分解されるので、お酒と乳酸菌は特に問題はありません...