乳酸菌生産物質とは

乳酸菌生産物質

乳酸菌が代謝するために排出する物質のことを言います。正確には乳酸菌が増殖しようとするときに分泌される乳酸のことです。そして乳酸菌生産物質には乳酸菌自体は含まれません。そして乳酸菌生産物質は、胃酸にも影響を受けずに腸まで届くと言われています。

 

乳酸菌生産物質を体外でつくる

乳酸菌摂取の場合、胃酸や胆汁酸などによって、なかなか大腸まで届かないことや、酸素のあるところで育った乳酸菌は逆に酸素のない腸内では育ちにくいということ。そして腸内に棲む乳酸菌は個人差があり、合わないと排出されてしまいます。
しかし乳酸菌が代謝する乳酸菌物質自体を摂取することで、このような乳酸菌の弱点をカバーすることができるのです。そこで、この乳酸菌生産物質を直接サプリで摂取できるようにしたら、腸内環境に素晴しい効果が見いだせるのではないかということから始った新しい分野がバイオジェニックスなのです。
乳酸菌生産物質を作り出すには特殊な技術が必要になります。このような技術研究こそバイオジェニックスという新しい分野であり、生の乳酸菌として腸内フローラを介して働くプロバイオティクスや、腸内有用菌を増殖し作用していくプレバイオティクスとは違う技術なのです。

 

乳酸菌生産物の効果

便秘予防・改善はもちろん、ダイエット効果も期待されています。またストレスを抑え、睡眠障害改善・予防、アトピーや花粉症などのアレルギー症状の抑制、生活習慣病の予防・改善、免疫力向上、更年期障害予防・改善、鬱病予防・改善、ガン予防などが期待されています。
抗腫瘍効果が高いことは、現在マウス実験などで検証されていますが、ガンや白血病にも高い改善効果が、今後の研究によってより期待されていくのではないでしょうか。また乳酸菌生産物の摂取の特徴として、免疫効果を高め自然治癒力を高める効能が期待されています。
もともと悪玉菌は乳酸菌の代謝する乳酸によって弱り、減退していくわけです。そのため乳酸をしっかり腸内に送り込めば悪玉菌が弱り、それによって善玉菌が元気になって腸内環境が良くなるということなのです。体質に合う合わないという問題の壁もなく、胃酸などの影響を受けるということもなく腸内に作用するということになります。

乳酸菌サプリランキング