二日酔いと乳酸菌

二日酔いにはシジミやウコン?

二日酔いというと、日本ではシジミやウコンが良いと言われています。シジミに含まれるオルニチンは肝臓の元気をサポートし、アンモニアの分解を助けるとのこと。またウコンもアルコールの分解促進サポートだけでなく、肝臓を強めるサポートが考えられています。しかしこれは日本で言われていることであり、特にヨーロッパではお酒と乳酸菌は離して考えられない存在のようです。

 

欧米ではアルコールには乳酸菌がつきもの

ヨーロッパでは二日酔いやお酒の害から体を守るために、乳酸菌を上手に利用しています。例えばビール大国のドイツなどでは、お酒を大量に飲みますが必ずと言っていいほどサワークラフトをたくさん食べると言われています。つまり植物性乳酸菌の宝庫であるサワークラフトを食べることで、アルコールから体を守っているのです。

 

またヨーグルトで有名なブルガリアなどでも、お酒を飲む前や後には、ヨーグルトに水で薄めたものを飲むと言われているのです。確かに日本でも知らずに、二日酔いにはシジミなどの味噌汁を飲んだりします。乳酸菌豊富な味噌汁を飲んで、すっきりしたという経験を持っている人も多いのではないでしょうか。

 

つまり漬け物などをおつまみにするのは、とても良いことだったのです。ただし塩分の摂り過ぎなどの問題もあるので、単純にたくさん食べることが良いとは言い切れません。ちなみに欧米の人が食べるサワークラフトは、酸味が強く塩分が少ないと言われています。

 

二日酔いと乳酸菌

二日酔いと乳酸菌

アルコールを摂りすぎると、血液の中にもアルコールが溢れてしまい、肝臓や胃腸にも大きく負担がかかります。それによって吐き気や下痢などが起こり、落ち着いてくると今度はすっきりしない毎日が続くなどということも。

 

つまり腸内環境が悪化してしまうため、アルコールを摂りすぎをきっかけに、今まで良い状態を保っていた腸内も悪化して悪玉菌が増えてしまうことにもなります。だからこそ乳酸菌をしっかり摂取して、善玉菌が優位になる応援をすることが大切です。

 

そのため飲酒のときには乳酸菌を多めに摂取するようにしましょう。しかしそれほどの大酒を飲むこと自体やめるようにしていかないと、やはり毎日の元気を続けることは難しくなるでしょう。二日酔いを考える前に、二日酔いにならないように努力することが大切ではないでしょうか。

乳酸菌サプリランキング