冷え性と乳酸菌

冷え性とは

乳酸菌と冷え性

冷え性は血行が良くないことで起こりますが、特に末梢血管が冷えを感じさせるとも言われています。そして女性に冷え性が多いのはホルモンバランスの乱れがおおいに関係しているとのこと。ホルモンバランスが乱れは、自律神経のバランスの乱れにもつながります。更年期や生理不順の女性に冷え性が多いのは、このようなことが原因となっているのではないでしょうか。

乳酸菌と冷え性の関係

自律神経の乱れによって血流が低下し、また内臓の働きも低下させてしまいます。それによってお腹の中も停滞しやすく、そこからまた有毒成分が発生し、血中に吸収されていきます。血液もドロドロになり、流れも低下させることで血行が悪くなるという悪循環にはまってしまうのです。

 

そのような悪循環にはまると、お腹の中の善玉菌は減少し悪玉菌が優位になっていきます。だからこそ、善玉菌を活性化のお手伝いに乳酸菌をプラスしてみませんか。それがお腹を良い状態に復活させることにもつながり、それが冷え性の予防にもつながります。このように乳酸菌と冷え性の関係は、思わぬところで直結していると言えるのです。

 

冷え性対策

冷え性対策は食生活もきちんと見直し、適度な運動も見直すことが大切です。過度なダイエットによって冷え性を呼び起こしてしまった女性も増えています。食生活は野菜を多くとり、食物繊維をたくさん摂ることが重要になります。

 

そして発酵食品など乳酸菌食品を意識的に摂取しましょう。そして毎日しっかり乳酸菌が摂取できない場合は、簡単にたくさんの乳酸菌を摂取することのできるサプリを上手に利用して、冷え性対策のサポートとして考えてみるのもおすすめです。

乳酸菌サプリランキング