妊娠中でも良い乳酸菌

妊娠中にはすっきりした毎日がなかなか迎えられないこともあります。でも薬を飲むことはなるべく避けたい時期でもあり、乳酸菌を摂取したらどうかと思っている人も多いはず。妊娠中でも良い乳酸菌ってあるのでしょうか。

 

妊娠中の乳酸菌摂取のメリット

妊娠中はホルモンのバランスによって、どうしてもすっきりした朝が迎えられない人はたくさんおられると思います。それは妊娠すると着床を守るためにもプロゲステロンが優位の状態が続きます。プロゲステロンこそ腸の動きを抑える作用のあるホルモンなので、どうしても腸の中の環境も悪くなりがちです。

 

腸の中の環境が悪くなると、すっきりした毎日が送れなくなり毒素が血液に吸収されてしまうため、赤ちゃんにも良くありません。最近では赤ちゃんのアレルギー体質予防のためにも、腸の中はきれいにしておくべきだと言われています。
また、つわりなどによって野菜を多く摂ったり、ある程度しっかりいろいろな栄養素を摂ることができずに、ますます腸の中が悪い環境になっていくことも。そんな状態の妊娠中には、お腹の中の環境を良くするためのお手伝いに乳酸菌を多くとりたいものです。

 

乳酸菌の摂取法

妊娠中の乳酸菌摂取

乳酸菌というとやはりヨーグルトやチーズ、漬け物などから摂取することが考えられます。しかしヨーグルトの味がつわりなどによって、嫌いになってしまう場合もあります。また甘いヨーグルトは糖質の摂り過ぎにも。
そして妊娠中、強い性質の植物性乳酸菌はとてもおすすめですが、漬け物や味噌などから摂ろうとするとやはり塩分が気になります。特に妊娠中は塩分に注意しなければなりません。そこで乳酸菌をサプリから摂取する方法がおすすめなのです。乳酸菌は妊婦に良いということはあっても、その摂取方法は注意しなければなりません。

 

良い乳酸菌サプリ

妊娠中はどのように良い内容であっても、妊婦用のサプリをおすすめします。製造過程などで大人では認められているものでも、赤ちゃんや妊婦には良くないという成分などもあります。そのため妊婦や赤ちゃんを対象に、製造過程や材料検査などが考えられたサプリを選ばなければなりません
また妊娠用のサプリには、乳酸菌だけでなく葉酸など妊娠中にプラスしたい栄養素が一緒に含まれているものもあります。このような適切なサプリの中から自分に合った乳酸菌サプリをプラスすると良いのではないでしょうか。

乳酸菌サプリランキング