植物性乳酸菌と動物性乳酸菌について

含まれている場所

動物性乳酸菌とは人や哺乳類の母乳の中に存在している乳酸菌です。生まれたばかりの赤ちゃんの腸内には乳酸菌はゼロ状態です。そのためしっかり乳酸菌を増やすために、母乳の中にはたくさんの乳酸菌が含まれているのです。そして空気に触れるところでは存在できないため、乳製品の中のみ存在しています。
それに比べて植物性乳酸菌は、植物が存在するところすべて条件が合えば存在します。空気に触れていても植物が発酵しているところには存在するのです。そして動物性乳酸菌は他の微生物とは共存できませんが、植物性乳酸菌は他の菌とも共存することができます。また塩分の高いところでも植物性乳酸菌は生息できますが、動物性乳酸菌は塩分があるところでは生息できません。このように乳酸菌が含まれている場所、状態にもこの2つは大きな違いがあるのです。

 

摂取する上での注意

植物性乳酸菌

乳酸菌を摂取するときの注意を考えてみましょう。動物性乳酸菌は非常にデリケートなので、胃酸で多くが分解されてしまいます。そのため胃酸の少ないときに摂取することが基本となります。その点、植物性乳酸菌は雑草のように強い乳酸菌なので多少の熱や酸にも強く、腸内までしっかり届きます

しかしどうしても漬け物や味噌、醤油などに多く含まれているので、塩分摂り過ぎという問題にぶつかってしまいます。思ったようにたくさんの植物性乳酸菌を摂取したいと思っても、やはり塩分摂り過ぎの副作用が出てしまうリスクがあるのです。この2つのタイプの摂取上の注意点を考えると、乳酸菌サプリならどちらもベストな状態で腸内に届くということになります。

 

乳酸菌サプリについて

乳酸菌サプリには植物性乳酸菌のみのものや動物性乳酸菌のみのものもありますが、どちらも配合されているものもあります。そして動物性乳酸菌を使っているものは特殊タブレットなどで、腸内で溶けるタイプのものが多く、胃酸から守られるようになっています。また最初から加熱処理をして死菌としてサプリになっているものもあります
死菌にすることで、なんの影響も受けずに腸内に届き、それが腸内善玉菌の活力源となります。また死菌が小腸で免疫細胞を刺激し、免疫細胞が活性化することで免疫アップにつながるというものもあるのです。もちろん死菌にする方が、効果が高まる乳酸菌を選んで使われるわけですが、最初から死菌にすることで安定していつでもどこでも、どのようなかたちでも摂取できるサプリになっているものもあります。

 

乳酸菌サプリランキング