生きた乳酸菌と死菌について

乳酸菌は生きた菌と死菌がありますが、どちらもそれぞれの働きによって、わたしたちの元気をサポートしてくれます。乳酸菌は死菌でも、元気のためのサポートとして期待できると言われているのです。

プロバイオティクスとバイオジェニックス

生きた乳酸菌をプロバイオティクス、死菌をバイオジェニックスと言い、死菌は加熱処理菌とも言われています。そして体への作用はそれぞれ個性があるとも言われており、さまざまな研究機関でプロバイオティクスとバイオジェニックスの両面から研究が進められているのです。

生きた乳酸菌と死菌の違い

生きた乳酸菌と死菌の違いを考えてみましょう。

生きた乳酸菌と死菌

まず生きた乳酸菌は酸に弱い性質があるため、胃酸によって分解されやすく、そのままの状態では生きたまま腸に届くことは難しいと言われています。

それに比べて死菌の場合は胃酸による分解の心配もなく、加熱処理しているので安定しているため食べ物に添加したりすることもできるのです。

 

また生きた乳酸菌は相性が悪ければ、お腹の中に生息している100兆個以上の細菌に押し出されてしまうので、長期間の生存が難しいと言われています。しかし死菌の場合はお腹の中の細菌の状態に関係なくお腹の中に付着するので、生存期間も長く善玉菌のサポートもしやすいと言われているのです。

 

また体を守る力に関係するパイエル板に、生きた乳酸菌は作用することはできませんが、死菌なら直接作用することができることから守る力を高めるサポートも期待できるのです。価格的には生きた乳酸菌は気軽に摂取できる安価で手に入りますが、死菌は大量摂取となるので価格的には高くなります。

 

摂取量の違い

生きた乳酸菌の目安量として一日200億個程度と言われていますが、体が弱っているときなどにはそれ以上に大量に摂取することが必要と言われています。しかし大量の乳酸菌を摂取するにはヨーグルトなら一日大パック1個程度は食べたいところです。ヨーグルトや乳酸飲料などから生きた乳酸菌を摂取するにはカロリー過多に注意が必要となり、漬け物などから摂ろうとすると塩分過多にも注意が必要となります。そのため乳酸菌を大量に摂取したいときにはサプリがおすすめです。

 

特に死菌の場合は一日1兆個程度が目安とも言われていますが、乳酸球菌の有効な部分だけを取り出すので一兆個も簡単にサプリから摂取することができます。その上、乳酸球菌は守る力をサポートする働きが高いので、死菌ならではの働きも期待できるのです。

 

どちらの研究も進んでいる

歴史的に見ると乳酸菌は生きていなければ、毎日の元気をサポートするのは難しいと考えられており、それによってプロバイオティクスの研究を中心に行われていた時代もありました。しかしバイオジェニックスの研究も今は進み、わたしたちは死菌の素晴らしい作用を上手に利用することができるようになったのです。

乳酸菌サプリランキング

生きた乳酸菌と死菌|家族の乳酸菌サプリ|私の症状にあう乳酸菌はコレだった!記事一覧

生きた乳酸菌について生菌と死菌の意味を考えるため、まず死菌と生菌について簡単にご説明したいと思います。まず乳酸菌はもともと胃酸や胆汁などの酸や空気、熱などに弱い性質があるため、そのまま口からの摂取をしても腸までなかなか生きた状態では届かないと言われています。そのためプロバイオティクスの研究が続けられてきました。プロバイオティクスとは腸内フローラに良い影響を与える、生きた微生物のことを言います。つま...