腸まで届く乳酸菌とは

腸まで届く乳酸菌の重要性

腸まで届く乳酸菌

最近は、乳酸菌が死菌であっても効果があると言われています。では腸まで生のまま届く必要はないのでしょうか。そんなことはありません。実際に生きている乳酸菌を腸内に入れることで、即腸内で乳酸菌を増やすことができ、そして活躍してくれます。乳酸菌が生で腸まで届いて腸内環境を良くすることをプロバイオティクスと言いますが、生きた乳酸菌の効力は世界中で認められていることなのです。

 

腸まで届く乳酸菌とは

腸まで届く強い乳酸菌は、さまざまな乳酸食品などのメーカーの研究室によってもプロバイオティクスの研究が進められています。例えば大手有名乳酸飲料で使われている乳酸菌シロタ株などは、もともと胃酸や胆汁の影響を受けにくい優秀な乳酸菌を培養して作られた乳酸菌です。
特にヨーグルトに入れる乳酸菌は、できるだけ腸まで届くように、ヨーグルトメーカーの研究室ではそれぞれ、さまざまなプロバイオティクスの研究を行っています。そして超優秀な乳酸菌の発見、培養を研究し続けているのです。
また植物性の乳酸菌はもともと、動物性の乳酸菌よりずっと強い性質で、胃酸や胆汁にも影響を受けにくいと言われています。他にもサプリなどは乳酸菌などを包んでいるタブレットやカプセルを腸溶性のものを使い、腸内まで胃酸や胆汁の影響を受けないようにしたものもあります。

 

死菌として腸まで届く乳酸菌

最近は死菌として加工した乳酸菌も、腸内でとても高い効果が期待されています。加熱加工によって死菌となっているので、さまざまなものから影響を受けないのです。そのためもちろん胃酸や胆汁にも影響を受けずに腸内に届くわけです。
またさまざまな食糧品などに添加しても効果が期待できるということもあり、加工乳酸菌も最近は人気があります。そして死菌の方が逆に免疫効果が高い場合もあるようです。また乳酸菌の吐き出した代謝物質の研究なども進んでおり効果は高いと言われています。
しかし実際に腸内環境を高めるため善玉菌を投入することは基本であり、やっぱり生のまま腸に届く乳酸菌は即効効果が期待でき、また基本であることは間違いないようです。

乳酸菌サプリランキング