腸内フローラとは

腸内フローラ

わたしたちの腸内には100兆個、100種類以上の細菌が棲んでいると言われています。そしてそれらを顕微鏡で見ると、赤や黄色や青などの綺麗なお花のように見えるとのこと。つまり腸内のお花畑という意味から腸内フローラと言われているのです。そしてこの腸内フローラは人によって、すべて違っています。

 

例えば善玉菌が多く、腸内が良い状態であっても赤系の色が細菌が多い人や、黄色系の細菌が多いお花畑を持っている人もいます。つまり腸内フローラも人によってそれぞれの特徴があるのです。それぞれの腸内フローラの個性によってその人の体質や体調、それに今後発症する病気なども予想できると言われています。
そして腸内環境が悪い場合は、腸内フローラも枯れた畑のようになってしまいます。このような腸内フローラは、しっかりした腸内環境の改善によって、美しい腸内フローラを作るようにしていきたいものです。

 

腸内のバランスについて

腸内には善玉菌と悪玉菌が存在し、他の7割近くが日和見菌という細菌が占めています。この日和見菌は善玉菌と悪玉菌のバランスによって、優位になった方になびく性質があります。つまり3割程度善玉菌と悪玉菌のバランスが腸内全体のバランスを決めることになるのです。そして腸内フローラは日々変化しているからこそ、毎日の腸内ケアが重要になるとも言えそうです。

 

腸内フローラを改善するには

腸内フローラの状態が悪い場合は、やはり乳酸菌を投与することが大切です。腸内環境を良い状態に保つためには、毎日の食品からの乳酸菌投与もいいかも知れません。しかし腸内フローラが良くない状態にある場合は、大量の乳酸菌を摂取した方が早く改善できるので、やはり乳酸菌サプリの摂取も一つの方法として考えてみてはいかがでしょう。また腸内環境フローラが良くなったとしても、毎日の腸内フローラのケアが必要です。腸内フローラは毎日変化しているということも、是非忘れないようにしたいものです。

乳酸菌サプリランキング

腸内フローラについて|家族の乳酸菌サプリ|私の症状にあう乳酸菌はコレだった!記事一覧

腸内を整えるために腸内洗浄という方法があります。しかし腸の中を洗浄してしまうと腸内フローラはどうなるのでしょう。腸内洗浄のメリットやデメリットはどのようなものなのでしょう?腸内洗浄とは?腸内洗浄は80年代にアメリカで広がった便秘改善施術法であり、美容のために多くの人がこの方法を行ったと言われています。この方法は腸に詰まってしまっている老廃物を、専用機器を使って洗い流してしまうという方法です。自分で...