腸内環境と乳酸菌

腸内環境と乳酸菌

腸内環境は善玉菌と悪玉菌、そして強くなった方の影響を受けると言われている日和見菌という3種類の細菌が存在しています。これら善玉菌:悪玉菌:日和見菌が2:1:7というバランスがベストであると言われています。善玉菌には乳酸菌などが代表的ですが、乳酸菌が吐き出す代謝物によって悪玉菌は増殖ができずに減っていきます

腸内に悪玉菌が増えてしまうと、毒素や毒ガスが発生し体内に吸収されることによって病気の元となってしまいます。特に便秘や下痢という症状こそ腸内環境悪化の目安となるため、便秘や下痢が続くときには腸内環境が悪いと言えます。乳酸菌は数日で死滅していくので、毎日乳酸菌を取り入れることが腸内環境を良くすることにもつながります。乳酸菌はどれも腸内環境の改善効果がありますが、効果の高い乳酸菌をご紹介しましょう。

LB81乳酸菌

LB81乳酸菌はブルガリア菌とも言われ、明治のブルガリアヨーグルトとして歴史も古く、ヨーグルトの代名詞にもなっているほど認知度の高い乳酸菌です。肌のキメを細かくする効果など、美肌効果もありますが、基本的には腸内環境改善効果が人気の乳酸菌です。

高生存ビビズス菌BE80

BE80乳酸菌はダノン社で使われている乳酸菌ですが、特に腸内の調整効果に期待された乳酸菌です。便秘などで悩んでいる人におすすめの乳酸菌の1つです。

ビフィズス菌BB-12株

BB-12株乳酸菌はさまざまなヨーグルトにも使われています。特にチチヤスでは日本ではじめてのヨーグルトを製造したことでも知られていますが、特にこのBB-12株の配合によって腸内環境を高め整腸作用にも高い効果が期待されています。

ビフィズス菌ビフィックスGCL2505

タクティス菌の1つでもあるGCL2505菌は腸内に長く生きるという特徴と、増殖率が高いという特徴があると言われています。そのため腸内環境の改善のためにも高い効果が期待されています。グリコ独自の乳酸菌としてヨーグルトに使われています。

乳酸菌シロタ株

乳酸菌シロタ株というと代田博士によって発見された強力な乳酸菌であり、ヤクルトの代表的な乳酸菌です。このシロタ株はLカゼイYIT9029が正式名ですが、腸内でビフィズス菌を増やすはたらきがあり、整腸作用、感染防止作用、アレルギー作用、がん予防などが期待できる万能な乳酸菌です。毎日摂取することで、腸内環境を良い状態にすることができるのではないでしょうか。

乳酸菌サプリランキング

腸内環境と乳酸菌|家族の乳酸菌サプリ|私の症状にあう乳酸菌はコレだった!記事一覧

腸の中にいる細菌は、善玉菌と悪玉菌そして日和見菌の3種類と言われています。この中の1つの日和見菌は、いったいどのような役割があるのでしょう。腸内細菌全体を考えることで、日和見菌の働きもより詳しく見えてくるのではないでしょうか。善玉菌と悪玉菌についてのページ腸内細菌について腸内細菌は100〜3000種類、100兆〜1000兆個もあると言われています。これらの腸内細菌は、善玉菌、悪玉菌、日和見菌という...