腸管免疫とは

腸の働き

腸の働きは

  • 消化をすること
  • 吸収をして血管内に栄養素を送ること
  • 最大の免疫システムの臓器

でもあるのです。腸管は内臓器官で口から入ったものを外に排出するものですが、その間にさまざまな働きがあるのです。そしてこの腸管はテニスコート1面にもなるという表面積を持ち、体表面積の100倍とも言われています。

 

腸管免疫とは

 

腸管は体の中にありながら外界とつながっている部分です。そして腸管粘膜は細菌やウイルス、寄生虫、化学物質など外界のさまざまなものと接触しています。そしてこれらの外界物質から体を守るようになっているのが腸管免疫なのです。

 

この腸管免疫系ではパイエル板などのリンパ組織と、粘膜上皮細胞や上皮内側の免疫細胞によってできています。そして腸管では神経や消化管ホルモンも免疫を高める働きを担っており、腸管免疫系では好中球、マクロファージ、T細部、B細胞、NK細胞などが活性化され、守る力を高めているのです。

腸管免疫とは

 

腸管免疫系は免疫系の中でも最大のもので、免疫系の60%以上の細胞や抗体からできています。そして腸管免疫系はわたしたちに安全なものと、病原細菌やカビ、ウイルスのような危険なものをきちんと識別することができるのです。そして腸管免疫系が危険物質と認識したものに対しては排除し、攻撃が行われるのです。

腸管免疫と元気な毎日

わたしたちは腸管免疫が機能しなければ、生きることさえできないでしょう。そして元気な毎日を送るためには、腸管免疫の機能を高めることが必要であり、そのためにも最大の免疫系の存在する腸の環境を良い状態にしなければならないのです。

 

また腸の状態は個人差もありますが、加齢によっても悪化するため、特に40歳を超えたころから腸の状態のケアもしっかり行うことが大切になるのではないでしょうか。
中年になると今まで一定水準量あった善玉菌が激減すると言われています。そのため中年以降は善玉菌の増強を意識した生活が、今後の元気な毎日につながることになるのではないでしょうか。

乳酸菌サプリランキング