自律神経と乳酸菌

自律神経と腸の関係

自律神経と乳酸菌の関係を考える前に、自律神経と腸の関係を考えてみましょう。自律神経は脳でコントロールされていると言われていた時代もありましたが、今では腸は第二の脳とも言われており、腸の働きがなければ自律神経のコントロールはできないとまで言われているのです。理由として腸の中は自律神経にとても関係している、幸福ホルモンとも言われているセロトニンの大半が生成されている場所なのです。

 

セロトニンは不安な気持ちが出ると分泌して、不安を消してくれる働きがあります。そのためセロトニンの分泌ができなくなると、不安が強くなり不安症や鬱病などのリスクも高まるのです。当然、不安になってもセロトニンが分泌されないことによって、自律神経も乱れてしまうということにもなります。つまり腸の中の状態が悪くなっているとセロトニンは作りにくくなるのです。ちなみに鬱病の患者のセロトニン分泌を調べると、一般の人よりずっと少ないか、全く分泌していないということも明らかになっています。

 

自律神経と睡眠と腸の関係

自律神経と乳酸菌

自律神経が乱れているとスムーズな睡眠が期待できなくなります。そして睡眠がしっかりとれないことで自律神経が乱れるという、この二つの関係には悪循環が生まれる傾向があるのです。そして睡眠のトラブルには睡眠ホルモンであるメラトニンがうまく分泌しないことと、自律神経の交感神経と副交感神経のスムーズな交替が行われないことが原因となっています。

 

夜になって副交感神経が優位になると、自然とメラトニンが分泌されて良い睡眠ができるわけです。つまり自律神経を整えることと、メラトニンの分泌の2つが正常でないと睡眠にもトラブルが起こるのです。そのためにはセロトニンの分泌が必要であり、セロトニンが生成されると同時にメラトニンの生成行われるという関係もあります。このようなことからも睡眠と自律神経と腸の関係が見えてきます。

 

乳酸菌と自律神経の関係

わたしたちはさまざまなストレスの多い現代社会で毎日過ごしているため、自律神経が乱れることも多々あります。そのためストレスを放っておくと鬱などの、つらい状態になってしまうこともあります。だからこそ腸内環境を良い状態に保つことで、ストレスを受けても「何とかなるよ、大丈夫!」という強い気持ちになれるのです。そんな腸の中を良い状態に保つためには、毎日の乳酸菌などの摂取を意識した食生活や補助食品などで対策をしたいものです。

乳酸菌サプリランキング