花粉症と乳酸菌

花粉症と乳酸菌

花粉症は体内に花粉が侵入することで、免疫細胞がそれえを敵と察知してしまうことで、間違った攻撃をしてしまうため起こる症状です。それによって花粉は体内に入らないようにしますが、実は花粉自体は特に体に害があるものではないのです。しかし花粉を外敵と察知してIgE抗体という抗体ができてしまうと、いわゆるアレルゲンという標的が決まってしまうのです。

 

花粉症にはアレルギー反応を起こすTh1細胞とTh2細胞が深く関係しています。この2つはバランスを取りながら外敵から体を守っています。しかしこのバランスが乱れることで片方の暴走が起こりアレルギーを起こしてしまうのです。IgE抗体はTh1細胞とTh2細胞の指令によって作られてしまいます。

 

このように花粉症の原因にもなるlgE抗体が作られるのを抑えます。また攻撃をする働きを持つTh2細胞を抑えるために、Th2を抑える働きのあるTh1細胞を増やす効果が乳酸菌にはあるのです。特に免疫力に効果の高い乳酸菌は花粉症予防、改善に高い効果が期待されています。

 

フェリカス乳酸菌

フェカリス菌乳酸菌は加熱処理をした球形菌ですが、免疫細胞の中でも特にTh1、Th2細胞にも深くかかわります。そのため花粉症改善、予防にもおすすめの乳酸菌と言われています。

L-92乳酸菌

カルピス社が開発した新しい乳酸菌で、正式名称はラクトバチルス・アシドフィルスL92L乳酸菌も、花粉症に効果が高いと言われている乳酸菌の1つです。臨床試験において攻撃性の高いTh2細胞を抑え、Th2細胞を抑えるTh1細胞を増やすということが証明されています。

KW乳酸菌

kw乳酸菌は小岩井乳業が保有していた乳酸菌の中から、キリンが選んだ乳酸菌で両社の共同研究によって発表された乳酸菌ですが、花粉症96人に対して臨床実験をしています。KW乳酸菌粉末を摂取した花粉症患者において、花粉症の改善が報告され、Th1細胞とTh2細胞のバランスをコントロールすることも証明されています。

ビフィズス菌BB536

BB536乳酸菌は1969年に森永乳業が開発した、とても優秀な乳酸菌の1つで、スギ花粉が多くなる1カ月ほど前から13週間の臨床試験をしています。44人の花粉症患者にビフィズス菌bb536粉末を摂取したところ、花粉症の症状に改善が見られたとのこと。このようにTh1、Th2免疫細胞に影響のある乳酸菌は、花粉症に高い効果が期待されているのです。

LGG乳酸菌

正式名ラクトバチルス・ラムノーサス・GGは米国タフツ大学教授2人によって発見された乳酸菌です。日本ではタカナシ乳業が契約して使用許可を取っています。特にこのLGG乳酸菌は胃酸や胆汁にも負けずに、生きたまま腸内に届く乳酸菌として知られており、免疫力の向上効果が高いと期待されています。また腸内に長くいることのできる持続性乳酸菌として、花粉症にも高い効果があることは臨床試験において報告されています。

乳酸菌サプリランキング