赤ちゃんのウンチの臭い

腸の働き

 

ウンチの臭いを考える前に腸の働きを簡単におさらいしましょう。腸というと胃で消化されたものが腸に流れていき、そこで必要な栄養を腸壁から血液に吸収して細胞や内臓などに運ばれます。ここで消化や栄養を運ぶ働きは酵素が不可欠となるわけです。
そしていらないものを排出する働きも腸にはあります。しかし排出する他にも、腸が排出物をため込むタンクのようになってしまっている場合もあるようです。これは腸の動きが鈍ることなどで起こること。

 

また体の全免疫システムの60%が腸に集中しており、セロトニンなどの重要ホルモンの生成の多くも腸の中で行われていることが分かってきたのです。つまり腸は消化・吸収・排出だけでなく外からの細菌やウイルスなどの侵入もしっかり防いでいるということになります。
また感情などのコントロールにも、関係しているとういことになるのです。テニスコート1面にもなると言われている面積を持つ腸に存在している善玉菌が、守る力をしっかりサポートしているというわけです。そのことからも腸内環境はとても重要であるということになります。

便が臭い原因

便の臭いがとても強いときはありませんか。健康的な人や赤ちゃんの便の臭いは、酸味のあるメロンや瓜系の臭いと言われています。お腹の中に善玉菌が多い状態のときはビフィズス菌が多いため、強烈な臭いはありません。このような便が出るときには、オナラも臭さがないと言われています。

 

逆に便が臭いときは、お腹がすっきりしていないときがほとんどです。つまりお腹の中の環境が良くないときは臭くなります。腸の中の環境の悪化によって、悪玉菌は毒ガスや毒素を代謝しているため便やオナラが臭く感じるのです。

 

悪玉菌が優位な状態になるには理由がありますが、特にタンパク質や脂質を多く摂り、野菜類が少なかったときなどもこのような状態になります。またニンニクなど臭いの強い食品を多く摂った次の日の朝などは、ニンニク臭が感じられる場合もありますが、それは食べて半日程度で消えてしまうもので腸の中の環境悪化の問題ではありません。

 

赤ちゃんのウンチが臭くない時の腸内環境

赤ちゃんのウンチ

赤ちゃんは基本的に、生まれたときのお腹の中は無菌です。生まれてくるときの産道や大気中や指先などについた悪玉菌や善玉菌が入ってくるので、実際には出産した瞬間でも無菌ではないことも多いと言われています。またその後、母乳から摂取するビフィズス菌でどんどんお腹の中に細菌が増えていきます。生後1カ月にもなればお腹の中はしっかり細菌が溜まってきますが、この時期はビフィズス菌の多い状態です。

 

つまり赤ちゃんの腸内は母乳だけを摂取している間は善玉菌が多い状態なのです。このように赤ちゃんのお腹の中はほとんどビフィズス菌なので、悪玉菌の毒ガスや毒素があまり発生しないために臭くないのです。しかし離乳食が始まっていろいろなものを食べ、母乳の摂取が減っていくことで腸内はどんどん悪玉菌が増え、大人のお腹の中と同じような状態になっていくと、ウンチの臭いを急に強く感じたりするようになります。

 

そしてお腹の中の善玉菌と悪玉菌、そして日和見菌という強い方になびく菌の割合が善玉菌2:悪玉菌1:日和見菌7程度に落ち着きます。大人になるとこの割合のまま安定している人もいますが、食生活や睡眠、毎日の生活リズム、運動、病気などにより、悪玉菌が増えて臭い便になることもあるのです。

 

便が臭いときには

赤ちゃんも大人も便が臭いと感じたら、お腹の中の環境が悪いと考えて良いでしょう。そんなときには乳酸菌などを多く摂取したり、善玉菌の餌になると言われているオリゴ糖を摂取することを考えてみましょう。また食生活を見直して野菜を多く摂ることや運動不足の改善、生活リズムの見直しなども大切ではないでしょうか。

 

赤ちゃんの場合は基本的に善玉菌が多い状態なので、悪玉菌が優位になりにくいものの、ときによっては悪玉菌が悪さをすることも。そんなときにはオリゴ糖など善玉菌の餌を摂取して、お腹の中の善玉菌の応援をしましょう。質の良いオリゴ糖なら、赤ちゃんでも安全に摂取することができます。また乳酸菌サプリなら、赤ちゃんが摂取okのものを選んで与えましょう。

乳酸菌サプリランキング