出産方法によって違う赤ちゃんの乳酸菌保有率

赤ちゃんはみんな無菌状態で生まれる?

普通分娩の場合

赤ちゃんはみんな無菌状態で生まれてきます。つまり子宮の中は悪玉菌も善玉菌もいません。しかし普通分娩の場合、赤ちゃんは子宮から産道を通って外に出ます。実はこのときに悪玉菌も摂取してしまいますが、お母さんの善玉菌も同時に摂取することができるのです。つまり普通分娩の赤ちゃんは出産時にはもう無菌状態ではないことが多く、悪玉菌や善玉菌を腸内に入れて生まれてきます。

 

帝王切開の場合

それに比べて帝王切開で出産した赤ちゃんは、子宮から直接取り上げられるので本当に無菌状態なのです。そしてベッドなどの悪玉菌や空気中の悪玉菌がお腹に入ってきます。そのため最初は悪玉菌の多い状態になるのです。その後お母さんのおっぱいから善玉菌をタップリもらうまで、お腹の状態が悪くなることもあります。最初の状態で悪玉菌が多いと、今後すっきりしにくいことが多いとも言われています。

 

未熟児の帝王切開の赤ちゃんはより注意が必要

そしてもう1つ、帝王切開の場合は未熟児のことも多く、免疫システムがまだ未熟の場合も。その状態で悪玉菌が優位になると、守ることができなくなりさまざまな疾患にもつながってしまいます。そのため帝王切開の未熟児に対しては、細菌やウイルスにはとても注意が必要になるのです。

帝王切開で生まれた赤ちゃんには

特に生まれたときからお腹の状態では、普通分娩の赤ちゃんより遅れを取ってしまっている帝王切開の赤ちゃんは、それなりに対応してあげるようにしましょう。できるだけ早くお母さんの母乳をタップリ飲ませてあげることです。特別な理由が無い場合は、できるだけ母乳を与えるようにしましょう。もし母乳の出が悪いときも、出る分だけは母乳をあげるように。

赤ちゃんの乳酸菌

母乳にはたくさんの善玉菌が入っているので、赤ちゃんのお腹を良い状態にするためには最高のものなのです。そしてプラスオリゴ糖や、赤ちゃんも摂取できる乳酸菌やラクトフェリンサプリなどを摂取させることも考えましょう。ただし赤ちゃん用や赤ちゃんも摂取できるものを選ぶことが大切です。そして赤ちゃん専用の目安量をしっかり守ることも重要となります。未熟児の場合は医師に相談が必要です。

乳酸菌サプリランキング