過敏性腸症候群と乳酸菌

過敏性腸症候群とは

過敏症腸症候群

過敏性腸症候群は、緊張やストレスによって起こる症状と言われています。そのため便秘と下痢を繰り返したり、下痢が続くことも。特に通勤中の電車の中や、会議中など緊張によって起こる下痢などが過敏性腸症候群と言われるもので、男性に多いと言われている症状なのです。
3ヶ月ほど以前から腹痛や腹部不快などが起こります。そして下痢や便秘などを繰り返すことが1ヶ月に3回以上ある人は、過敏性腸症候群を疑ってみましょう。まず排便のときに腹痛や不快感がある人。そして排便の回数が急に増えたり減ったりしている。また便秘のときにはウサギの糞のような、ころころしたものが出る。この3つのうちの1つあれば、過敏性腸症候群の可能性があります。

過敏性腸症候群は腸内細菌が原因の一つ

もともと過敏性腸症候群の原因はまだはっきり分かっていません。しかし、腸内細菌のバランスに関係していることが最近の腸内研究で分かってきています。実はストレスが一番の原因と言われていましたが、脳と腸とは密接に伝達されているため、ストレスによる自律神経の乱れは腸内の細菌のバランスまで崩すことにもつながるのです。

 

そして治療の一環として抗不安薬などが使われますが、いくら薬で不安を除こうとしても、不安を軽減するセロトニンの分泌を体内生成しなければ根本的には改善されません。幸福ホルモンとも言えるセロトニンは大半が腸内で作られるため、腸内の状態を良くすることは欠かせないのです。

 

セロトニンは不安を消す働きがあるため、しっかり分泌すれば不安症やストレスも軽くなるはず。このようなことから腸内環境は過敏性腸症候群と、とても深い関係があります。そして腸内環境を整えるサポートとして乳酸菌は欠かせないことから、乳酸菌と過敏性腸症候群も関係は深いと言えるのです。

乳酸菌サプリランキング