風邪と乳酸菌

風邪と乳酸菌

乳酸菌は腸内環境を整える効果がありますが、その他に特に免疫細胞の活性作用があるものもあります。風邪は1年中、ちょっとしたことでかかってしまいます。そのちょっとしたことこそ免疫力が落ちたときに起こることなのです。

 

風邪の細菌やウイルスを持っている人の飛沫を吸い込んでしまった場合でも、免疫力が活性化していると同じ環境の中にいても風邪を発症しないで済むことも十分考えられます。免疫は毎日の生活、食事、そしてストレスによっても低下してしまうもの。そのため免疫アップ効果が期待できる乳酸菌の摂取も、今の時代には特におすすめなのです。

 

R-1乳酸菌

OLL1073R-1乳酸菌という乳酸菌ですが、明治の研究室から発表された乳酸菌です。特に免疫細胞の活性効果が高いと言われており、ナチュラルキラー免疫細胞を活性化させる効果が期待されています。ナチュラルキラー免疫細胞は外部から侵入しようとする細菌やウイルスを見つける見張り番の役割を持ち、そのうえすぐに攻撃するという、とても攻撃性の高い免疫細胞です。

ビヒダスBB536乳酸菌

森永の研究室によって作られた乳酸菌で、免疫力を高める効果のある乳酸菌と言われています。特にアレルギーや風邪、インフルエンザの感染などの予防効果も期待されている乳酸菌です。

乳酸菌シロタ株

ヤクルトで知られている乳酸菌シロタ株も、腸内環境の他に感染防御作用やアレルギー予防効果も高く、風邪に対する免疫細胞であるナチュラルキラー細胞を活性化させることができると期待されています。

ガセリ菌SP株

雪印より発表されたガセリ菌SP株は免疫力を高める効果も高く、他にもストレス軽減や内脂肪蓄積制御などの効果もあります。インフルエンザや風邪の予防にも高い評価がある乳酸菌です。

L-92乳酸菌

カルピスの研究室では保有している多数の菌株の中から選び抜かれた乳酸菌です。特に免疫効果が高く、花粉症、アトピー、インフルエンザ、風邪などの予防、回復促進効果が期待されています。

プラズマ乳酸菌

ラクトコッカス・ラクティス・JCM5805株という正式名を持つ乳酸菌で、キリンと小岩井乳業との共同研究において発見した乳酸菌です。特にナチュラルキラー細胞を刺激し活性化させる効果により、インフルエンザや風邪などにも高い予防効果が期待されています。

クレモリス菌FC株

いわゆるカスピ海ヨーグルトに含まれている乳酸菌です。整腸効果だけでなくアレルギー予防、改善効果や免疫細胞の低下予防効果、他にも血糖値の上昇を抑えるなど、さまざまな健康効果が期待されています。長寿村のコーカサス地方から持ち帰った健康乳酸菌としてヨーグルトだけでなく、ヨーグルトを作るためのヨーグルト種菌としても売られています。

乳酸菌サプリランキング

風邪と乳酸菌|家族の乳酸菌サプリ|私の症状にあう乳酸菌はコレだった!記事一覧

風邪と免疫システムの関係風邪をひいたと言うと「免疫力が下がっているからだ」と言われることがあります。つまり外敵である細菌やウイルスから体を守る免疫システムが低下していることで風邪をひいたということなのです。同じウイルスの存在する環境にいても、免疫力の高い人は風邪をひかず、ひいても軽くて済みます。しかし免疫力が低下している人はすぐに風邪にかかり、重症になってしまうことも。風邪は必ず外から入ってくる原...