1日に必要な乳酸菌の数(摂取量)は?

乳酸菌はわたしたちが毎日元気に過ごすためにも欠かせません。さて、毎日摂取した方が良いとされる乳酸菌の数はどの程度の数なのでしょう。またヨーグルトなどから摂取するには、どの程度で目安量をクリアすることができるのでしょう?

 

お腹の中の細菌の状態

お腹の中には腸内細菌と言われているものが約3万種類、1000兆個以上生息しているとのこと。この中にはビフィズス菌や乳酸菌などを含む善玉菌、そして悪玉菌や日和見菌などが含まれています。この腸内細菌の善玉菌、悪玉菌、日和見菌の割合によってお腹の中の状態が変化し、それがわたしたちの毎日の元気にも関係してくると言われているのです。

 

一般的に正常な状態の割合は善玉菌2:悪玉菌1:日和見菌7と言われています。このような割合を保つためのサポートとして、乳酸菌食品や乳酸菌サプリなどの摂取を意識的に考えるようにしましょう。

 

乳酸菌は一日にどのぐらい必要なの?

乳酸菌はもともとお腹の中にも生息している細菌ですが、乳酸菌を口から摂取したからといって、お腹の中に住み着くことは難しいと言われています。そのため毎日ある程度乳酸菌の摂取を続けることで、毎日お腹の中を良い状態に保つお手伝いができるのです。乳酸菌はお腹の中のビフィズス菌などを中心とした善玉菌を応援する働きがあります。

 

1日の乳酸菌の摂取量の目安量

では一体どのぐらい一日に乳酸菌を摂取したらいいのでしょう。奨励されている摂取量の目安は1日ヨーグルト200g程度と言われています。一日に200gということで、いわゆる小分けのヨーグルトなら2パック程度ということに。

 

ただしヨーグルトによって乳酸菌含有量が違うので、はっきり何個とは言い切れません。しかし大体小分けヨーグルト1カップ110gには、乳酸菌が100億個以上と言われているので、一日200億個程度の乳酸菌が目安量となります。

 

サプリの場合はそれぞれのサプリの目安量を守って摂取することが必要です。乳酸菌の摂り過ぎのデメリットは特にありませんが、摂り過ぎるとお腹が緩くなることも。人によってはサプリの目安量であってもお腹が緩くなることもあります。そんなときには自分に合った量を見つけながら摂取しましょう。

 

乳酸菌を摂取するに当たって

乳酸菌は死菌と生菌があります。これらはどちらも体に作用するときに違った働きをする場合もあり、目的によって飲み分けるといいでしょう。しかし死菌の方は一説には1日1兆個が必要とも言われています。死菌の場合は加熱処理が必要となるので、食品から摂取するのではなくサプリからの摂取となります。サプリなら、死菌を1兆個を摂取すること難しくありません。

 

また食品から摂取するなら生きたままの乳酸菌として、腸まで届くようにしたいものです。ヨーグルトなどに含まれる動物性乳酸菌は熱や酸にも弱いため、ヨーグルトなどは温めることは避けましょう。また胃酸が強い空腹時などの摂取も注意した方がいいでしょう。ただし植物性乳酸菌は熱にも酸にも強いので、わりと安心していろいろな食べ方ができます。

 

乳酸菌は人によって相性がある?

乳酸菌を摂取する場合、乳酸菌との相性にも個人差があると言われています。つまり人にはそれぞれ腸内フローラがあります。腸内フローラとはお腹の中を顕微鏡でのぞくと、それぞれの細菌がグループで集まっています。それぞれ多彩で美しく、まるでお花畑のようだということから腸内フローラと言われているものです。

 

この腸内フローラは人それぞれで、同じ人はいません。お花畑に例えればカンナやひまわりなど夏の花が多い人や、サクラやタンポポ、ツツジのように春の花の多い人もいます。それぞれのお花畑と相性の良い乳酸菌こそ、その人のお腹の中に長く滞在して活発に働いてくれるのです。

 

また相性が悪い乳酸菌は、追い出されてしまい排出していきます。しかし自分にどの乳酸菌と相性が良いのかは分からないこと。そこでヨーグルトなどは食べてみて、あまり自覚がないという場合は種類を替えて他の乳酸菌を摂取してみるといいでしょう。

 

サプリなどは多くの人のお腹に合うように、さまざまな種類の乳酸菌を配合しているものもあります。また日本人は歴史的にも漬け物や味噌、醤油、日本酒など植物性乳酸菌を多く摂取してきたため、植物性乳酸菌は相性が良い人が多いとも言われています。

乳酸菌サプリランキング