L-137乳酸菌について

L-137乳酸菌は東南アジアで昔から食べられていた伝統食の1つである「なれずし」から発見された乳酸菌です。魚とご飯と塩などを発酵して作ったもので、現在のお寿司の原形とも言われています。この中で育った乳酸菌の中の優秀な乳酸菌がL-137乳酸菌で、ラクトバチルス・プランタラムL-137という正式名をもっています。

 

L-137乳酸菌とHKL-137乳酸菌の関係

l137nyuusannkinn

L-137乳酸菌は特に免疫向上効果が高く、ハウス食品の研究室で発見されたこの乳酸菌を加熱殺菌処理し、より効果の高い安定した乳酸死菌にしたものがHKL-137乳酸菌です。もともとL-137乳酸菌は免疫効果が高いため、インフルエンザやアレルギーなどから身を守る効果が期待されています。しかしこのL-137乳酸菌は研究の結果、加熱処理した方がより安定して腸内で活躍することができることも分かったのです。

 

なぜ死菌でいいのか

乳酸菌は少しでも生きたまま腸内に届くように、さまざまなヨーグルトメーカーなどが強い乳酸菌の培養、研究をしています。そんな中、なぜ死菌でも良いのかという疑問を持つ人もいるのではないでしょうか。L-137乳酸菌を研究している中、免疫力向上のため最高の働きをするピークを迎えるとともに、どんどん落ちていくことが分かったのです。

 

つまり最高の状態まで育った乳酸菌を商品化することで、口に入る頃にはずっと働きは低下することになってしまうわけです。そこで最高の良い状態のときに加熱処理をして死菌にすると、良い状態のまま腸内に届き、生菌以上の働きが発揮されるということが分かりました。
そのためL-137乳酸菌を加熱処理して、名前はHKL-137乳酸菌に変りますが実は同じ乳酸菌ということなのです。そして、その効果は加熱処理したHKL-137乳酸菌の方が1.5倍も高かったという結果が出たのです。その上、加熱処理をしたHKL-137乳酸菌は胃酸や胆汁などの影響を受けないので、そのことも考えるとL-137乳酸菌よりHKL-137乳酸菌の方が3倍近く効果が高いという結果も出ました。

 

HKL-137乳酸菌の効果

HKL-137乳酸菌の効果は、L-137乳酸菌の持つ腸内環境改善効果や免疫向上効果はもちろんですが、加熱処理をすることでリポテイコ酸が他の乳酸菌よりずっと多くなり、それが免疫力をより高めてくれるということも期待されています。

乳酸菌サプリランキング