r1乳酸菌とは

r1nyuusannkinn

r1乳酸菌の正式名称ラクトバチルス・ブルガリクスという乳酸菌の一種です。乳酸菌の中でも免疫細胞の活性化にかかわる乳酸菌と言われています。特にナチュラルキラー免疫細胞という、体内の監視役であり最前線で攻撃をするという、たのもしい免疫細胞の活性化に効果が期待されている乳酸菌なのです。

 

r1乳酸菌の効果

r1乳酸菌はこのように免疫力を高めることが期待されており、風邪やインフルエンザ、ノロウイルスなど細菌やウイルスによって感染する疾患の予防、改善が大いに期待されています。しかし他にもダイエットや精神安定にも関節的に効果が期待されているのをご存じでしょうか。

 

r1乳酸菌はカルシウム吸収のサポートをするとも言われており、カルシウム不足予防効果も期待されています。カルシウムは食事から摂取しても、それが体内のカルシウムの必要なところに届くのではありません。いったんほとんどのカルシウムが骨や歯という貯蔵庫に溜まり、そこから体内に必要な分だけ溶け出すようになっています。そのためカルシウムを摂取することも必要ですが、それらを上手に吸収させることもとても重要なのです。
カルシウム吸収の促進効果によって、代謝が高まりダイエットにも良い影響が期待されます。他にもカルシウム不足は精神的にもイライラが溜まるなどのトラブルにもつながるので、精神的な安定のためにもr1乳酸菌の作用が期待されるのです。
もちろん乳酸菌なので、腸内環境の改善効果、便秘解消によって健康や美容、ダイエットなどにも高い効果が期待されています。しかしr1乳酸菌というと、やはり免疫力アップ効果が最大の魅力ではないでしょうか。

 

r1乳酸菌を摂取するときには

r1乳酸菌は朝摂取すると効果を感じるという人がとても多いようです。基礎代謝が活発なので、このタイミングは吸収率も高いからなのです。ただし、食事前の胃の中は胃酸でいっぱいです。できれば胃酸の影響を受けないように、食後の胃酸の少ないときに摂取するようにしましょう。

 

r1乳酸菌の摂取量

基本的には乳酸菌の摂取量は特に決りはありません。しかし推奨量として、例えば「明治プロビオヨーグルトR-1」のようにr1乳酸菌を使ったヨーグルトを、最低でも100ccは摂取したいと言われていますが、毎日続けることがとても重要となります。
ヨーグルトが苦手な人はサプリも出ていますので、その場合は1日の摂取用量を守るようにしましょう。多すぎるとそのまま排出されてしまうので特に問題はありませんが、便が緩くなることもあるので用量は守るようにしましょう。

乳酸菌サプリランキング